弊社の自慢の技術とこだわり

技術昔から、大工さんって、細かい仕事は嫌がったり、してくれなかったりするって知っていましたか?
ここでいう細かい仕事とは、造り付け家具や棚付、ニッチ収納のことです。
なぜ敬遠されるのか...。

技術その理由は、"細かくて技術がいる"からです。
ユニットの収納や組立家具が世の中に普及した理由はここにあると思います。

「この空間に合う収納家具がほしい」
「この場所にジャストにはまる引出がほしい。しかも部屋の雰囲気に合ったもので」

弊社は、造り付け家具のできる『大工さん=技術力』があるからこそ、こういったご要望にも対応できます。
家具屋さんではできない、その住まいに合った現場製作家具・収納のご提案をいたします。

こんな家具つくりました

『大工さんの仕事=木の仕事』ではない時代になっています。木を扱うって、実はとっても経験がいることなのです。
簡単そうに板をビスで固定したり切ったりしていますが、実は木の性格を読みながらやっているのです。性格を見間違うと、あとで内装に不具合を生じさせたり、建具の開閉に支障がでたりするからです。

ですから、木の仕事ができる大工さんこそ本当の大工さんです。
最近では、既製品の建材が豊富にあり施工が楽なため、木の仕事ができない大工さんが増えています。大工さんっぽいけど大工さんとは言いづらいですね。
ですが、ご安心ください。弊社の大工さんは私を含め、木の仕事のできる大工さんしかいません。

こだわり耐震お客様はこれから静岡県に家を建てようとしています。
近年全国各地で大きな地震が発生していますが、地震大国といわれた静岡県に住むのですから、それなりの対策をしなければなりません。

耐震お客様はこれから志太榛原地域に家を建てようとしています。
これから住む地域の地域性や環境などはよくご存知でしょうか?他県から来た人に言わせると、ほかの地域とは違った面がたくさんあるんですよ。
昔から住んでいると、当たり前のことでわかりませんよね。

弊社では、この地域の生活に似合った住まい計画として、地震に強い間取りの提案と、地震大国静岡県にふさわしい半永久的な耐震装置を標準仕様(耐震等級3)として、ご提案させていただいています。

内装毎日過ごす家の中、内装材も健康に害のないものを使用したいですよね?
  
内装材、選びたい放題使いたい放題の「定額制ビュッフェ式・内装材選択仕様」により壁・床・天井はお好みのものを自由にお使いいただけます。定額制ですのでどのように使用しても金額は変わらないお得な仕様です。