自然素材を使った家づくりのメリットを島田市の業者が解説

家づくりについてお悩みのことはありませんか。
「自然素材を使った家づくりをしたい」「自然素材のメリットについて知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、自然素材の家とは何か、また自然素材を使った家づくりのメリットについてご紹介します。

□自然素材の家とは
自然素材でできた家とは、文字通り自然の素材によって作られた材料を使用した家のことです。
基本的に家を建てる時に使用される材料には、塩化ビニールシートなどの化学物質が含まれています。
しかし、自然素材は一部仕上げにビニールクロスを使用することはありますが、化学物質が含まれていない無添加の素材です。
自然素材には無垢材、珪藻土、漆喰、タイルなどがあります。

□メリット
*健康に良い
自然素材は素材自体が呼吸をしています。
素材自体が呼吸することで家の中の空気がきれいになります。
また、素材に化学物質が含まれていないため、シックハウス症候群などの症状を引き起こす可能性はありません。
無垢材の中には、アレルギーの原因となるダニやカビ、細菌類の増殖を抑制する効果があるものもあります。
そのため、無垢材を使用した家は健康に良い家だということができます。

*調湿作用
自然素材には調湿作用があります。
湿気が多い時は空気中の水分を吸収し、乾燥している時は素材の内部に含まれる水分を水蒸気として空気中に放散します。
そのため、一年中快適な生活を送ることができます。

*外部の影響を受けにくい
木はコンクリートより約12倍断熱性が高いと言われています。
断熱性が高いと、外部の温度に影響されにくいです。
そのため、夏場は涼しく、冬場は暖かい家になります。
外部の影響を受けにくいので、省エネにもなります。

*耐久性が高い
天然無垢材は耐久性が非常に高いです。
充分に乾燥させた無垢材だと年々乾燥が進み、より強度が増します。
そのため、くるいなく建てられた木造建築だとコンクリート造や鉄骨造に比べると耐久性や耐震性は圧倒的に上回ります。
日本最古の木造建築物である「法隆寺五重塔」も天然の無垢材で建てられており、約1400年以上も立ち続けています。

*見栄えが良い
見栄えが良いという点は自然素材の特徴です。
また、インテリアも映えるので、豪華な印象を与えます。
自然素材は高価な素材であるため、自慢することもできます。

□まとめ
自然素材の家やメリットについて紹介しました。
自然素材の家にはメリットが多いので、家の素材についてお悩みの方は一度自然素材の使用を検討してみてはいかがでしょうか。
当社ではデザイン性、機能性を重視した家づくりを行なっています。
何かお悩みのことがありましたら、ぜひご相談ください。

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.katakawakoumten.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1368