2019年4月24日

玄関のおすすめの間取りって?島田市の注文住宅業者が解説

注文住宅についてお悩みのことはありませんか。
「玄関の間取りどうしよう」「玄関の間取りのおすすめを知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回、玄関の間取りのおすすめについて、島田市の注文住宅業者が解説します。

□玄関の間取りのおすすめ

*土間
玄関は家の顔と言われている場所であり、玄関が散らかっているとあまり良い印象を与えません。
しかし、玄関には靴や物などが多く、散乱しがちです。
その問題を解決するためには、玄関に土間を作っておくことが最適です。
子供がいる家庭では、ベビーカーや習い事の道具など、玄関に置いておきたい物が多数あります。
土間を作っておくと、それらを収納できるので、玄関がスッキリします。
外に出しておきたくないものや家の中に持ち込みたくない物などがある場合、土間に収納することができます。
泥などをすぐに落せるようにするために水道を設備するのも良いかもしれません。

*ウォークイン玄関収納
玄関からだけでなく、廊下からも出入りができるウォークイン玄関収納が人気です。
外出着の服などが収納できるので、非常に便利です。

*吹き抜け
玄関に吹き抜けを採用すると、開放感が生まれ、広い家のように感じられます。
天井も高いため、日光が差し込みやすく、明るい玄関になります。
しかし、窓の位置や向き、天井や壁の位置などを考えないと、吹き抜けのメリットを最大限生かすことができません。
また、吹き抜けの場合、スペースが必要になるので、他の生活スペースを確保しておかないと、部屋が狭くなる可能性があります。
吹き抜けはうまく活用できれば、家の印象はとても良くなるので、十分な工夫を凝らすことが重要です。

*バリアフリー
注文住宅をお考えの方は、その家で生涯を過ごすのではないでしょうか。
そのため、歳をとった時のことを考慮して、段差を低くしたり、スロープを採用したりとバリアフリー対策をすることをおすすめします。
ただし、スロープを設置するにはスペースが必要になります。
敷地面積にゆとりがある場合は車椅子でも対応できるようなスロープの設置を検討してみましょう。

□まとめ
玄関の間取りのおすすめについて紹介しました。
玄関は家の顔になり、収納スペースも広く必要になるなど、重要な場所です。
時間をかけてでも玄関の間取りはきちんと考えるようにしましょう。
当社ではデザイン性、機能性を重視した家づくりを行なっています。
何かお悩みのことがありましたら、ぜひご相談ください。