2019年4月24日

玄関のおすすめの間取りって?島田市の注文住宅業者が解説

注文住宅についてお悩みのことはありませんか。
「玄関の間取りどうしよう」「玄関の間取りのおすすめを知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回、玄関の間取りのおすすめについて、島田市の注文住宅業者が解説します。

□玄関の間取りのおすすめ

*土間
玄関は家の顔と言われている場所であり、玄関が散らかっているとあまり良い印象を与えません。
しかし、玄関には靴や物などが多く、散乱しがちです。
その問題を解決するためには、玄関に土間を作っておくことが最適です。
子供がいる家庭では、ベビーカーや習い事の道具など、玄関に置いておきたい物が多数あります。
土間を作っておくと、それらを収納できるので、玄関がスッキリします。
外に出しておきたくないものや家の中に持ち込みたくない物などがある場合、土間に収納することができます。
泥などをすぐに落せるようにするために水道を設備するのも良いかもしれません。

*ウォークイン玄関収納
玄関からだけでなく、廊下からも出入りができるウォークイン玄関収納が人気です。
外出着の服などが収納できるので、非常に便利です。

*吹き抜け
玄関に吹き抜けを採用すると、開放感が生まれ、広い家のように感じられます。
天井も高いため、日光が差し込みやすく、明るい玄関になります。
しかし、窓の位置や向き、天井や壁の位置などを考えないと、吹き抜けのメリットを最大限生かすことができません。
また、吹き抜けの場合、スペースが必要になるので、他の生活スペースを確保しておかないと、部屋が狭くなる可能性があります。
吹き抜けはうまく活用できれば、家の印象はとても良くなるので、十分な工夫を凝らすことが重要です。

*バリアフリー
注文住宅をお考えの方は、その家で生涯を過ごすのではないでしょうか。
そのため、歳をとった時のことを考慮して、段差を低くしたり、スロープを採用したりとバリアフリー対策をすることをおすすめします。
ただし、スロープを設置するにはスペースが必要になります。
敷地面積にゆとりがある場合は車椅子でも対応できるようなスロープの設置を検討してみましょう。

□まとめ
玄関の間取りのおすすめについて紹介しました。
玄関は家の顔になり、収納スペースも広く必要になるなど、重要な場所です。
時間をかけてでも玄関の間取りはきちんと考えるようにしましょう。
当社ではデザイン性、機能性を重視した家づくりを行なっています。
何かお悩みのことがありましたら、ぜひご相談ください。

2019年4月17日

家づくりの際の打ち合わせの流れを島田市の業者が解説

家づくりについてお悩みのことはありませんか。
「家づくりの打ち合わせの流れについて知りたい」「何か注意することはあるの?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、家づくりの打ち合わせの流れや注意点について紹介します。

□家づくりの打ち合わせの流れ

*共有
まずはご自身が希望する家のイメージや機能、完成までの期間、予算などの情報を建築業者と共有します。
理想の住まいにするには業者との認識のズレをなくすことが重要です。
そのため、業者との認識の違いがないように正確に情報を共有するようにしましょう。

*調査
家を建てる土地に問題はないか、どのような建物が建てられるかなどの敷地調査を行います。

*見積もり
簡易的なお見積もりを行います。

*設計
打ち合わせした情報をもとに、建築士に家の設計をしてもらいます。

*最終見積もり
設計図が完成し、間取りや設備が決まれば、最終的な見積もりを行います。

*契約
最終見積もりに納得していただいた場合、契約となります。

□契約後の打ち合わせ
契約後、設備や内装材などの詳細な打ち合わせを行います。
窓やドア、住宅の設備などは写真で見るのではなく、実際の目で確認しておいたほうが良いです。
内装の打ち合わせが終われば、次は外装の打ち合わせになります。
屋根材や外壁などについて打ち合わせを行います。
次にコンセントやスイッチ、照明などの細かな部分の打ち合わせを行います。
施行中は工事内容や依頼内容に間違いがないかなどの確認の打ち合わせがあります。

□打ち合わせ期間
打ち合わせの回数は人によって異なります。
少ない方は10回以下、多い方は20回以上打ち合わせを行うこともあります。
そのため、早い人で約2~3ヶ月、長い人で約半年以上かかります。
しかし、打ち合わせの期間が長ければ長いほど、短ければ短いほど良いというわけではありません。
自身と業者のイメージを共有できるかが重要です。

□注意点
契約した後に契約内容に問題があることが発覚し、契約を解除しようとしても、業者によってはキャンセル料を支払わないといけないことがあります。
契約前にきちんと契約内容を確認しておきましょう。
また、口約束はトラブルの原因になりやすいです。
何かやり取りがあった場合は、書面に残してもらうようにしましょう。
業者によっては家づくりの流れが多少異なることがあるので注意しましょう。

□まとめ
家づくりの流れや注意点について紹介しました。
これから新築をお考えの方は、家づくりの打ち合わせの流れをきちんと把握しておきましょう。
当社ではデザイン性、機能性を重視した家づくりを行なっています。
何かお悩みのことがありましたら、ぜひご相談ください。

2019年4月10日

古民家リノベーションのメリットとデメリットって?島田市の業者が解説

古民家リノベーションについてお悩みのことはありませんか。
「メリット、デメリットについて知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、古民家リノベーションのメリットやデメリットについて紹介します。

□古民家リノベーションのメリット

*快適
古民家は風向きを考慮して設計しています。
また、天然素材を使用しているため、通気性が非常に良いです。
屋根が高く深いヒサシで夏の暑い日差しも防いでくれるので、夏でも涼しく快適に過ごせます。

*強度が高い
古民家ではよくヒノキやケヤキが使用されています。
ヒノキは1200年、ケヤキは800年強度が落ちないと言われています。
リノベーションの際は必要に応じて新材の付加を行うので、100年以上の強度のある家に仕上げることができます。

*健康住宅
一般的な家の建材には化学物質が含まれています。
しかし、古民家で使用される建材には化学物質が含まれていません。
そのため、シックハウス症候群やアトピーの原因となる化学物質が含まれていないので、健康住宅だということができます。

*デザイン性
古民家のレトロで和な雰囲気のデザイン性は一番の魅力ではないでしょうか。
自然素材の家で落ち着いた生活がしたいなど、こだわりがある方には古民家のリノベーションは最適です。

*資源保護
古民家のリノベーションを行う際、柱や天井に使用されていた木材を再利用します。
そのため、資源の保護につながります。

*固定資産税の軽減
固定資産税は築年数によって税額が変動します。
新築を建てるより、リノベーションする方が固定資産税が抑えられます。

□古民家リノベーションのデメリット

*断熱性
先ほどメリットでも説明したように、夏は快適に過ごせますが、冬は寒くなってしまいます。
断熱材を導入するなど、対策を行う必要があります。

*時間や費用がかかる
もし木材が腐敗していた場合、費用がかさんでしまい、修繕工事も長い期間必要になります。

*メンテナンス
木材でできているので、シロアリには注意しないといけません。
また、木材は湿気や雨に弱いです。
そのため、定期的なメンテナンスを行う必要があります。

*耐震性
古民家は現在の耐震性の基準を満たしていない可能性があります。
そのため、耐震性の補強が必要な場合があります。
古民家は地震の際、建物の一部を破壊させることによって揺れを吸収する造りになっています。
そのため、見えないところで破損している可能性があります。
リノベーションの際は必ず専門家に相談し、耐震診断を受けましょう。

□まとめ
古民家リノベーションのメリット、デメリットを紹介しました。
古民家リノベーションをお考えの方はきちんとメリット、デメリットを把握しておきましょう。
当社ではデザイン性、機能性を重視した家づくりを行い、また古民家再生リフォームも行っております。
何かお悩みのことがありましたら、ぜひご相談ください。

2019年4月 3日

自然素材を使った家づくりのメリットを島田市の業者が解説

家づくりについてお悩みのことはありませんか。
「自然素材を使った家づくりをしたい」「自然素材のメリットについて知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、自然素材の家とは何か、また自然素材を使った家づくりのメリットについてご紹介します。

□自然素材の家とは
自然素材でできた家とは、文字通り自然の素材によって作られた材料を使用した家のことです。
基本的に家を建てる時に使用される材料には、塩化ビニールシートなどの化学物質が含まれています。
しかし、自然素材は一部仕上げにビニールクロスを使用することはありますが、化学物質が含まれていない無添加の素材です。
自然素材には無垢材、珪藻土、漆喰、タイルなどがあります。

□メリット
*健康に良い
自然素材は素材自体が呼吸をしています。
素材自体が呼吸することで家の中の空気がきれいになります。
また、素材に化学物質が含まれていないため、シックハウス症候群などの症状を引き起こす可能性はありません。
無垢材の中には、アレルギーの原因となるダニやカビ、細菌類の増殖を抑制する効果があるものもあります。
そのため、無垢材を使用した家は健康に良い家だということができます。

*調湿作用
自然素材には調湿作用があります。
湿気が多い時は空気中の水分を吸収し、乾燥している時は素材の内部に含まれる水分を水蒸気として空気中に放散します。
そのため、一年中快適な生活を送ることができます。

*外部の影響を受けにくい
木はコンクリートより約12倍断熱性が高いと言われています。
断熱性が高いと、外部の温度に影響されにくいです。
そのため、夏場は涼しく、冬場は暖かい家になります。
外部の影響を受けにくいので、省エネにもなります。

*耐久性が高い
天然無垢材は耐久性が非常に高いです。
充分に乾燥させた無垢材だと年々乾燥が進み、より強度が増します。
そのため、くるいなく建てられた木造建築だとコンクリート造や鉄骨造に比べると耐久性や耐震性は圧倒的に上回ります。
日本最古の木造建築物である「法隆寺五重塔」も天然の無垢材で建てられており、約1400年以上も立ち続けています。

*見栄えが良い
見栄えが良いという点は自然素材の特徴です。
また、インテリアも映えるので、豪華な印象を与えます。
自然素材は高価な素材であるため、自慢することもできます。

□まとめ
自然素材の家やメリットについて紹介しました。
自然素材の家にはメリットが多いので、家の素材についてお悩みの方は一度自然素材の使用を検討してみてはいかがでしょうか。
当社ではデザイン性、機能性を重視した家づくりを行なっています。
何かお悩みのことがありましたら、ぜひご相談ください。