島田市の方へ、古民家リノベーションでできる寒さ対策は?

古民家リノベーションでまず押さえておきたいのがその寒さ対策です。
古民家の多くは木造で、窓枠や戸もすべてが木でできています。
木材は古民家ならではの見た目で暖かみのある雰囲気が魅力ですが、年数がたつにつれてゆがみやひずみが出来てしまうのは致し方ありません。
こうしたゆがみが原因で窓や戸に隙間が出来てしまう、ここから部屋の内部の暖まった空気が外に漏れ、逆に外の冷気が室内に入り込んでしまいます。

古い家は冬場になるとどこからともなく冷たい空気が入り込んでくる、こうした症状は木材ならではの特徴でもあるという事です。
古民家であれば特に、こうした寒さ対策は徹底していく必要があります。

では、具体的に島田市で古民家リノベーションを行う際、寒さ対策を徹底していくにはどうしていけばいいのでしょうか?
まず挙げられるのが窓枠の取替です。
木製のものであれば金属製のサッシに取り換えるべきですし、引き戸なども同様です。
隙間ができやすい部分は建材を取り換えるなどして対処していけば、冷気が入り込む隙間を解消することが出来ます。

この他、大掛かりな工事をするというのであれば、窓を二重にする、床暖房を設置するなどの方法が挙げられます。
ガラスの表面から伝わる冷気を解消するためには窓を二重にするのが一番です。
たったこれだけの事でも部屋の温度を損ねる事無くなります。
床暖房はある程度の費用が必要ですが、床材や壁材の交換も行うというのであれば一緒に作業してしまうのが一番です。
一度張り替えた床をもう一度剥がすとなればその費用がさらにプラスされてしまいますし、無駄が多くなります。

作業は出来るだけまとめて一気に行う方がメリットが大きいというわけです。
この他、壁からの冷気が気になるというのであれば壁の裏部分に断熱材を入れ込むのがおすすめです。
断熱材の材質、その量によって費用負担は異なってくるものの、古民家独特の断熱材の少なさ故の冷気をここで防ぐことができます。
こうしたリノベーションを行うと費用負担が大きくなるのでは?と不安に感じられる人もいるでしょうが、一度の工事でその後の光熱費は格段に抑えられることになります。
トータルコストで考えると十分にお得な話というわけです。

寒さ対策を徹底していきたいというのであれば、ここで挙げたいくつかの方法を組み合わせていくのがお勧めです。
どれか一つだけでも十分に外の冷気を遮断することが出来ますが、複数を組み合わせていけばその分断熱効果は高まり、寄り過ごしやすい空間を作っていく事ができるというわけです。

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.katakawakoumten.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1362