島田市の方へ、注文住宅で自然素材を使った家づくりの注意点は?

自然素材を使った注文住宅にはいろいろなメリットがありますが、いくつか注意点もあります。
基本的に有害物質を出さないという特徴があり、特にシックハウス症候群の問題を解消することが可能です。
いわゆる新建材と言われている素材に比べると安心・安全な資材になっていて、特にアトピーやぜんそく・化学物質過敏症といったアレルギー疾患に悩んでいる人はおすすめです。
廃棄する時に自然に還すことができ、自然循環サイクルに取り込むことができます。
他の工業製品と比較すると環境に負荷をかけずにリサイクルすることができるでしょう。
無垢材などは再利用することができるので便利です。

無垢材や漆喰に触れると他の製品にない温かみなどを感じることができます。
見た目も美しいので、愛着が湧きやすくなるでしょう。
無垢材や塗壁などにはそれぞれ断熱効果や調湿効果があります。
鉄やコンクリートなどの熱伝導率の高い素材より断熱性能に優れているのが特徴的です。
調湿効果は自然素材の持つ素晴らしいメリットの一つで、湿気を吸収したり放出を繰り返すことによって室内の湿度をきちんと調整することができます。
日本の場合は温暖湿潤気候に属しているので、特に湿気の多い国になります。
家づくりにおいて湿気対策は重要で、結露などを発生させないことが重要です。

自然素材はどうしても経年変化によってある程度色合いなどが変更してしまいますが、多彩な表情を楽しむことができます。
特に無垢材はそのままほっておくだけで色に変化が現れます。
木の種類によって変化の仕方も異なり、紫外線などの影響を受けると色が変化しやすいです。
濃くなったり、中には白っぽくなるものもあるでしょう。
生活しているとキズやスレなどは自然と出てくるので注意が必要です。
経年変化と呼んでいますが時間の経過も楽しむことができ、味わいのある雰囲気を感じることができます。

自然素材は他の工業製品と比較すると、製品化する際のエネルギー負荷が少ない特徴があります。
基本的に工業製品は自然界に存在しないので、人工的に作り出したものです。
製品化する際にエネルギーを多く必要とし、二酸化炭素なども多く排出させます。
それに対し無垢材の場合は素材を切って仕上げると柱にすることができるので、エネルギー負荷という面においてはかなり効率良く製品化することが可能です。
エネルギー負荷が少ないので、地球にも優しい素材と言えることができるでしょう。
近年自然素材を使った注文住宅が増えてきているので、興味がある人は業者と相談することをおすすめします。

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.katakawakoumten.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1357