古民家リノベーションの寒さ対策について島田市の業者が解説

古民家のリノベーションが昨今ブームになっています。築50年以上たっている古い木造住宅の古民家に住んでいるという場合、冬の寒さがこたえるという人も多くいるのではないでしょうか。木造の古民家が寒いといわれる原因として挙げられている大きな理由の一つが底冷えといった表現で表わされる真冬の寒さなのです。

しかし、こうした古民家リノベーションでは冬の寒さ対策なども考慮して行ってみるということはとても実用性が高い方法といえ、今は寒い古民家も、冬にあたたかく過ごせる家にリノベーションしていくことができるのです。そこで、古民家リノベーションについて島田市の業者が解説してみたいと思います。

現在の高気密・高断熱住宅では、家の外側と内側をはっきりと隔てて、空調によって外の環境の変化にできるだけ影響されない室内環境づくりを行うという考え方が一般的だと言われています。そのことから、古民家の室内の冬の寒さを軽減させるためには、暖気を家の中で循環させていくということがポイントになるといわれているのです。

このような考え方では、鍵になるのがある程度の気密性と断熱性といわれ、古民家はそうした点は気密性と断熱性の改善の余地については対策方法が多くあるといえます。そして、あたたかい空気が外に出てしまわないようにすることと、寒い空気が入らないようにしていくということをおさえながらリノベーションしていくことで底冷え感のない家にしていくということができるのです。

具体的な点は屋根裏断熱と床断熱で、一般的に暖かい空気は上に昇っていきますので、天井から暖かさが出ていかないようにするということと、足元から冷たい空気を入れないようにするといった2点をおさえるようにします。まず、屋根裏断熱では断熱材を設置して暖かさを保ち、床下については、畳を取った畳のすぐ下に気密シートを重ねて設置することでしっかり足元からの寒さの侵入を防ぐのです。こうすることで冬の底冷え感が全体として和らぎやすくなります。

こうした寒さ対策とあわせて、窓という部分に対しても寒さ対策を行っていきます。窓は壁などの部分に比べると薄いため、こうした部分の断熱性を高めていくことでよりあたたかな空間づくりを行うことができるということなのです。窓の構造を二重にしたり、内窓などを設置することで、断熱性を高めることができます。

このように、空気の動きに注目して建物の天井と足元といった2つのポイントとあわせて、側面部の断熱性を高める工夫を行うことで古民家リノベーションの寒さ対策をより効率的に行うことができるのです。

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.katakawakoumten.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1351