自然素材のメリットとデメリットを島田市の注文住宅業者が解説

食べ物、洋服にしても「自然」という言葉が使われていると、人にとっても環境のことを考えているように思えます。では注文住宅で使われる自然素材はどうなのかというと、単純にはいえません。自然素材を使うことが、どのような結果につながるのかを知るためには、そこにあるメリットとデメリットを知ることが大切です。

最初に自然素材のメリットを学んでみましょう。もっとも大きいのはシックハウス症候群の予防になることです。注文住宅をつくるときには壁紙を貼り付けたり建材が腐食しないように防腐剤を縫ったりと多くの化学物質が使われています。それらの化学物質は時間が経過すると気化して家の中に充満していきます。そこで生活をすれば、必然的に呼吸とともに化学物質を吸い込むことになります。すると、体の中で化学物質が蓄積されていき、様々な影響を与えていきます。それがシックハウス症候群で頭痛、めまいなどに悩まされることになり、日常生活を送ることが難しくなります。

そのような状態ではせっかく建てた家で生活することができなくなります。悪くすれば、新築なのに手放して他の場所で生活をしなければいけません。それが無垢材や漆喰、珪藻土など自然素材が使われているのであれば、問題となる化学物質が使われないので空気を汚染することはありません。むしろ、化学物質があればそれを吸着して、無害な状態にしてくれるものさえあります。

また生活する場ということを考えると、無垢材などは温もりを感じるし時間とともに変化をしていきます。その見た目や触り心地は、住人の心を癒やしてくれる要素となりえます。特に子供を育てたいというときには、その家で育つことが情操教育につながるという考えもできます。

それに対してデメリットは何かというと、無垢材を使ったフローリングや柱は傷つきやすいです。それも魅力と考えることも出来ますが、何十年もその傷と付き合うことができるのかということをよく考えなければいけません。

それから、建てられてからしばらくすると木が割れたりすることがあります。材木に含まれる水分が乾燥すると、ひび割れは起きやすいのです。建材として使用するときには乾燥させてはいますが、それでも起きる可能性は高いです。もし割れないように対策を講じたいならば、オイルなどで表面の乾燥を防ぐ事が必要です。

最後に自然素材ということに憧れる人が多いのですが、いざ工事をしてみると費用が高くなるのを覚悟しなければいけません。工場で製品を作るのと違って大量生産をしているわけではなく、木を切り出して加工しているためにどうしても割高になってしまいます。

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.katakawakoumten.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1348