2019年1月 3日

島田市の業者が解説!注文住宅に使われている自然素材の種類は?

みなさんの中に注文住宅の購入を検討している方はいらっしゃいませんか?
建売住宅と違って注文住宅では、内装や間取りなどを自分の希望通りにできるので、自由度が高く自分の希望を叶えた理想の住宅を作ることができます。
コンクリートだらけの都会に嫌気がさしているから自分の家ぐらいは自然を感じられるようにしたい、という方は少なくなく、注文住宅に自然素材を取り入れる方は多いです。
そこで今回は、注文住宅で使われる自然素材の種類をご紹介します。

□注文住宅の自然素材
*天然木材
天然木材は、合板材のように接着剤で他の木材と張り合わせていないため、木材のつなぎ目がなくて見た目がとても美しいです。
また、水分を吸収したり放出したりして湿度を調節する機能を持っているので湿気の多い日本の気候でも快適に過ごすことができます。
さらに先ほど説明したように接着剤等の化学物質を用いていないので、人体への悪影響がなくお子さんがいる家庭でも安心です。

*漆喰(しっくい)
自然素材といえば天然木材に並んでよく名前が挙がるのがこの漆喰です。
漆喰はよく壁材として使われており、石灰に麻や砂などの繊維質を混ぜて、水で練り上げて作られています。
石炭が二酸化炭素と反応することで硬くなるため、この漆喰は非常に丈夫な構造です。
また、漆喰はその丈夫さに加えて、防火性、防カビ性にも優れています。

*セルロースファイバー
セルロースファイバーは木質繊維のことで、高い耐熱性能や防音性能を持っています。
いくつもの繊維が集まってできているのですが、それぞれの繊維の太さが異なっており、様々な太さの繊維が絡み合って空気の層を作っています。
木材独特の吸湿性能だけでなく、室内と室外の熱を遮断することで高い耐熱効果を発揮するので健康住宅にはうってつけです。

*珪藻土(けいそうど)
珪藻土は、藻類のひとつである珪藻が堆積してできた岩石です。
防カビ性能や耐熱性能が期待されるため、壁材として最近人気を集めています。

□まとめ
この記事では注文住宅でよく用いられる自然素材を紹介しました。
有名な素材をご紹介したので、名前についてはご存知だったかもしれませんが、それぞれの特徴やメリットについてもご理解いただけたのではないでしょうか?
住宅に自然素材を多く取り入れることで、健康に良いだけでなく自然の温かみを感じられる住宅になります。
注文住宅に自然素材を取り入れようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

2018年12月31日

古民家リノベーションの魅力を事例とともに島田市の業者がご紹介!

「次に住む家は、オリジナリティあふれる家にしたい。」
「ただ所有しているだけの古民家に課税され続けるのを避けたい。」
このように悩んでいる方は、多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、古民家リノベーションです。
今回は、古民家リノベーションの魅力について、その事例とともにご紹介します。

□事例1:3世代が過ごしやすいリノベーション
リノベーションして実際に居住する際には、過ごしやすさを考慮しなくてはなりません。
特に、3世代で一緒に居住する場合は、家族全員が過ごしやすいよう、より一層の工夫が必要になります。

例えば、3世代みんなが一緒の時間を過ごせるよう、大広間にあった仕切りをなくして広々としたリビングをつくることです。
このような広々としたスペースを作り出せるのは、古民家ならではと言えるでしょう。

土間を活かした広い玄関スペースについても、大人数で使用する際に便利なのはもちろん、車椅子やベビーカーを使用する際にも非常に使い勝手が良いです。
また、古民家は自然素材を使用して建てられているため、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎の原因となる化学物質が含まれていないことも魅力の一つです。

□事例2:梁や柱を最大限活かしたリノベーション
古民家の最も魅力的なポイントの一つとも言えるのが、古民家だからこそ醸し出せる昔ながらの雰囲気ではないでしょうか。

古民家リノベーションをするからには、その雰囲気をできる限り残したいものです。
そこで、古民家の中でもとりわけ目を引く梁や柱を最大限活かすようにリノベーションをすると良いでしょう。
昔ながらの雰囲気を残しつつ、日々の生活のしやすさを追求する一つの有効な手法となります。

□古民家リノベーションの魅力
上記では、2つの事例から古民家リノベーションの魅力をお伝えしましたが、これら以外にも古民家リノベーションの魅力はいくつもあります。

・新築の家を建てるよりも固定資産税を軽減できること
・資源を無駄にしないため、環境に優しいこと

このように、古民家リノベーションはデザイン性の面だけでなく、経済面、環境面から多くのメリットがあります。

□最後に
以上、古民家リノベーションの魅力を、事例とともにご紹介しました。
古民家は多くの魅力を持っているものの、利便性や耐震性などの問題から、そのまま住むというわけにはいきません。
古民家リノベーションをすることで、その魅力を保持しつつ、快適な生活を送れます。
古民家リノベーションをしてみたいと考えておられる方は、ぜひ一度、片川工務店にご相談ください。