2018年12月31日

古民家リノベーションの魅力を事例とともに島田市の業者がご紹介!

「次に住む家は、オリジナリティあふれる家にしたい。」
「ただ所有しているだけの古民家に課税され続けるのを避けたい。」
このように悩んでいる方は、多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、古民家リノベーションです。
今回は、古民家リノベーションの魅力について、その事例とともにご紹介します。

□事例1:3世代が過ごしやすいリノベーション
リノベーションして実際に居住する際には、過ごしやすさを考慮しなくてはなりません。
特に、3世代で一緒に居住する場合は、家族全員が過ごしやすいよう、より一層の工夫が必要になります。

例えば、3世代みんなが一緒の時間を過ごせるよう、大広間にあった仕切りをなくして広々としたリビングをつくることです。
このような広々としたスペースを作り出せるのは、古民家ならではと言えるでしょう。

土間を活かした広い玄関スペースについても、大人数で使用する際に便利なのはもちろん、車椅子やベビーカーを使用する際にも非常に使い勝手が良いです。
また、古民家は自然素材を使用して建てられているため、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎の原因となる化学物質が含まれていないことも魅力の一つです。

□事例2:梁や柱を最大限活かしたリノベーション
古民家の最も魅力的なポイントの一つとも言えるのが、古民家だからこそ醸し出せる昔ながらの雰囲気ではないでしょうか。

古民家リノベーションをするからには、その雰囲気をできる限り残したいものです。
そこで、古民家の中でもとりわけ目を引く梁や柱を最大限活かすようにリノベーションをすると良いでしょう。
昔ながらの雰囲気を残しつつ、日々の生活のしやすさを追求する一つの有効な手法となります。

□古民家リノベーションの魅力
上記では、2つの事例から古民家リノベーションの魅力をお伝えしましたが、これら以外にも古民家リノベーションの魅力はいくつもあります。

・新築の家を建てるよりも固定資産税を軽減できること
・資源を無駄にしないため、環境に優しいこと

このように、古民家リノベーションはデザイン性の面だけでなく、経済面、環境面から多くのメリットがあります。

□最後に
以上、古民家リノベーションの魅力を、事例とともにご紹介しました。
古民家は多くの魅力を持っているものの、利便性や耐震性などの問題から、そのまま住むというわけにはいきません。
古民家リノベーションをすることで、その魅力を保持しつつ、快適な生活を送れます。
古民家リノベーションをしてみたいと考えておられる方は、ぜひ一度、片川工務店にご相談ください。

2018年12月17日

自然素材の注文住宅を島田市で建てたい方へ|業者の選び方をご紹介

新しい家に住もうと考えている方の中には、注文住宅を検討している方は多いのではないでしょうか。
特に、自然素材を使用した家にしたいなど、こだわりの強い方ならなおさら注文住宅を建てたいと考えておられるでしょう。

そこで、注文住宅を建てる際に、まずしなくてはならないのが、業者選びです。
今回は、注文住宅の業者選びの際のポイントを、いくつかご紹介します。

□こちらの要望を聞いてくれるか?
注文住宅を建設するメリットは、自分好みの外観や間取りを実現できることです。
しかし、業者がこちらの要望や相談を聞いてくれず、ただひたすら業者の勧める通りに建設するのでは、注文住宅にする意味が薄れてしまいます。

契約する前に、業者に見積もり依頼をする段階で、担当者がこちら側の話を真剣に聞いてくれるかをチェックしましょう。

□大手か、地域密着型か?
業者は大きく、大手と地域密着型に分けられます。
もちろん、それぞれ一長一短あります。
大手は、名が知れているため、安心感があります。
しかし、それだけ広告費にお金をかけていることも多く、その費用を負担するのは、家を建てるみなさんです。

一方で、地域密着型の業者は、何か問題が発生した時にフレキシブルに対応してくれたり、その地域の風土や気候に合った家を理解していたりといった長所があります。
しかし、規模が小さいため、業者がつぶれてしまったとき、アフターサービスが受けられなくなるかもしれません。
地域密着型の業者を考えるときは、安定した経営であるか、確認することが重要です。

□その業者の得意分野は何か?
注文住宅を建設する方は、「からだにやさしい自然素材を使用したい。」、「外観にこだわった家を建てたい。」など、なにか強いこだわりがあるでしょう。

一方、業者にもそれぞれ得意分野があります。
業者の得意分野は、施工実績や口コミなどから分かります。
業者を選ぶ際には、その得意分野をチェックし、自分のこだわりを実現するのに適した業者かどうかを見極めなくてはなりません。

□ポイントを把握したら、複数の業者に見積もり依頼!
上記のポイントを把握したら、早速業者選びに取り掛かりますが、その際、必ず複数の業者に見積もり依頼をしましょう。

ただ見積もりが安い業者を選ばないよう注意してください。
その見積もりは無理がないか、それについて業者は詳細に説明してくれたかなど、様々な観点から判断して、最終的に依頼する業者を選びましょう。

□最後に
以上、注文住宅の業者選びのポイントをいくつかご紹介しました。
多くの場合、選んだ業者との関係は、計画、建設が完了した後も長く続くものです。
強いこだわりがあって注文住宅を建てる方にとっては特に、業者選びで成功することは、満足のいく注文住宅の建設をするために欠かせません。
業者選びを慎重に行い、ご自分の理想の家を実現しましょう。

2018年12月10日

自然素材の注文住宅のメンテナンス方法とは?島田市の業者がご紹介

「自然素材の家って、どうやってメンテナンスするんだろう。」
「自然素材の家のメンテナンスは大変そう。」
自然素材の注文住宅を建てようか迷っている方の多くは、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

実は、正しくメンテナンスをすることで、こだわりの住宅をより長持ちさせられます。
そこで今回は、自然素材の建材のメンテナンス方法を分かりやすくご紹介します。

□そもそもなぜ自然素材が人気なのか?
「自然素材はメンテナンスが大変そう。」と思っている方が多いにもかかわらず、なぜ多くの人に自然素材は選ばれるのでしょうか。
それは、自然素材を使用することには、それだけ多くのメリットがあるためです。

・シックハウス症候群やアトピーの原因となる化学物質が含まれていないこと
・自然素材特有のやさしい雰囲気を醸し出せること

これら以外にも、多くのメリットから、自然素材が選ばれているのです。

□意外に簡単、自然素材のメンテナンス
自然素材は、意外に手軽に、かつ費用をかけずにメンテナンスできるのです。
以下に、自然素材に傷や汚れがついた場合のメンテナンスについて、材質ごとにご紹介します。

*天然木材のメンテナンス
自然素材と言えば、天然木材を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
小さな傷や汚れがついた場合は、天然木材の表面をサンドペーパー等で削ることで取れます。
天然木材は、削っても同じ木目が出てきます。
この時、削った部分の白っぽさが気になる方は、ワックスを塗ることで周囲に馴染ませると良いでしょう。

傷が大きな場合やへこんでしまった場合は、まず、水を含ませたティッシュや布を傷の部分にあて木材を湿らせます。
その部分にアイロンをあてて熱すると、木材が膨張するため、傷が修復します。
その後、サンドペーパー等で整えれば元通りです。

*塗り壁材のメンテナンス
傷がついた場合は、傷がついた部分だけ塗りましするだけで修復できます。
多少の汚れは、消しゴムで擦ることで意外に簡単に落とせます。
それでも汚れが落ちない場合は、メラニンスポンジを使うとより綺麗に汚れを落とせます。

□最後に
以上、自然素材の建材のメンテナンス方法を簡単にご紹介しました。
自然素材の住宅を考えている方にとって恐らく一番の懸念事項であるメンテナンスは、意外に簡単にできるのです。
新しく家を建てようと考えている方は、自然素材を建材に選んでみてはいかがでしょうか。
その際にはぜひ、片川工務店までお気軽にご相談ください。

2018年12月 3日

古民家をリノベーションするメリット4選!島田市の業者がご紹介

「古民家の持つ独特な雰囲気に憧れる。」
「空き家を所有しているけど、手放すのは勿体無い。」
このように、様々な理由から、古民家をリノベーションしようと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、決め手にかけるため、未だ実行に至っていないという方も少なくないと思います。
そこで今回は、古民家をリノベーションするメリットを、4つピックアップしてご紹介します。

□メリット1:古民家特有の雰囲気が感じられる
これが、古民家をリノベーションする一番のメリットと言っても良いのではないでしょうか。
長い築年数を誇る古民家だからこそ醸し出せる情緒あふれる雰囲気は、住んでいる人に独特の居心地の良さや安らぎを感じさせてくれます。
古民家リノベーションをすることによって、その雰囲気を残しつつ住み心地を改善できます。

□メリット2:資源を無駄にすることがなく、環境に優しい
古民家は所有しているだけで税金がかかってしまうため、そのままにしておくわけにもいかず、解体してしまう方も多いかと思います。

しかし、そうなった場合、古民家に使用されていた資源は、ほとんどが無駄になってしまいます。
リノベーションを行って古民家を有効活用することで、そのように無駄になる資源を減らし、環境への負荷を減らせます。

□メリット3:健康に良い
現代の住宅に使われている建材に含まれる化学物質が原因で、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎に苦しんでいる方は少なくありません。
古民家リノベーションでは、ほぼ全ての建築材が自然素材でできているため、そういった病気の原因となる化学物質が含まれておらず、居住者の健康に良いのです。

□その4:固定資産税の軽減につながる
固定資産税は、築年数によって税額が決まり、一般的に新しい住宅ほど固定資産税の額は高くなります。
そのため、古民家をリノベーションする場合、新築の家を建てるよりも、その後の固定資産税を軽減できるのです。
ただし、増築した場合は再評価の対象となったり、自治体によって制度が異なったりするため、事前に自治体や業者に相談しておくと安心です。

□最後に
以上、古民家リノベーションのメリットを4つピックアップしてご紹介しました。
引越しを考えている方や、所有している古民家をどうしようか悩んでいるという方は、古民家リノベーションをしてみてはいかがでしょうか。
古民家リノベーションについて疑問やお悩みのある方は、お気軽に片川工務店までお問い合わせください。