2018年11月26日

古民家リフォームで利用できる税金優遇処置の種類と特徴とは?

古民家のリフォームを検討されている方の中には、「どのような税金優遇処置が受けられるのか知っておきたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか?
近年日本では、空き家が増加し、防犯上の面などから古民家についての問題が深刻化しつつあります。
そういった背景から、古民家のリフォームでは、様々な税金優遇処置を受けられるようになっています。
今回は、古民家のリフォームで利用できる税金優遇処置をご紹介していきます。

□古民家リフォームで利用できる税金優遇処置

古民家リフォームで利用できる税金優遇処置にはどういったものがあるのでしょうか?
主な5つの優遇処置をご紹介していきます。

*所得税の控除
定められた要件を満たしたリフォームを行うことで、所得税の控除を受けることができます。
所得税の控除には主に投資型減税、ローン減税、住宅ローン減税の3つがあり、税務署で必要な手続きを行うことで利用できます。
耐震のためのリフォームに対する優遇処置なのか、バリアフリー化向けたリフォームに対する優遇処置なのかで、満たすべき要件が異なりますので、注意が必要です。

*固定資産税の減額
固定資産税とは、保有している土地や建物に課税される税金です。
定められた要件を満たすことで、古民家に係る固定資産税を減額できます。
満たすべき要件は、工事内容によって異なります。

*贈与税の非課税処置
祖父母や父母といった直接的な親類から、居住用の住宅の新築費用やリフォーム費用を贈与された際に、一定の金額までは贈与税が非課税になるという税金優遇処置です。

*登録免許税の軽減
登録免許税とは、登記などに必要となる税金です。
買取再販業者が、一定の要件を満たすリフォームををした住宅を、個人が取得し居住した上で、一年以内に登記をした場合に、登録免許税の軽減を受けることができます。

*不動産取得税の特例処置
買取再販事業者が中古の住宅を買い取り、住宅性能が向上するようなリフォームを行い、その後住宅を個人に譲渡した場合に、不動産取得税が軽減されます。

□税金優遇処置で古民家リフォームをお得に

今回は、古民家のリフォームで利用できる税金優遇処置をご紹介しました。
古民家リフォームでは多くの優遇処置を利用できます。
また、優遇処置の他にも多くの補助金を利用することができ、事前にどういった優遇処置や補助金が利用できるかを確認しておくことでかかなり費用を抑えられるでしょう。
優遇処置や補助金を適切に利用して、より良い古民家リフォームを行いましょう。