2018年11月19日

古民家をリフォームする際にかかる費用は?相場とポイントを紹介

「古民家のリフォームを検討しているけど、どのくらいの費用がかかるのかわからない」「資金計画のためにもだいたいの費用を知っておきたい」
古民家のリフォームを検討されている方の中には上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
古民家のリフォームではその規模のよって費用が大きく異なります。
また、設備や機能のグレードによっても費用に差が生じます。
そこで今回は、古民家をリフォームする際の費用についてご紹介します。

□古民家リフォームに必要な費用について

*坪数とおおよその費用相場
古民家のリフォームの費用に関して、目安となるのはリフォームする古民家の規模です。
坪数とおおよその費用は次のようになっています。

・20坪:1500万円程度
・30坪:2000万円程度
・40坪:2500万円程度
・50坪:3000万円程度
・60坪:3500万円程度

リフォームをする坪数が大きくなればなるほど、必要となる費用は多くなります。
またこの費用は、古民家の内装と外装をリフォームした場合の費用を指します。

*費用に大きく影響するポイントとは?
費用に影響するのは坪数だけではありません。
ここでは、リフォームの費用に大きく影響する主な要素を3つほどご紹介します。

・古民家自体の劣化の程度
リフォームする古民家自体にどのくらいの劣化が生じているのかは、必要となる費用に大きな影響を与える要素です。
劣化の程度が大きければ大きいほど、必要となる工事が多くなり、費用が膨らむことになります。

・水回りの設備や建材の性能
また、水回りの設備や建材の性能にこだわればこだわるほど費用が大きくなる傾向があります。
水回りの設備は、グレードが様々なので、住宅設備の中でも費用が大きなものになっています。
また、建材についても使用する材料が木材かコンクリートなのか、木材ならどういった木材なのかなどによって費用が大きく変わってきます。

・施工会社による費用の違い
また、古民家リフォームでは統一された定価というものがありません。
そのため、業者によってリフォームに必要な費用に大きな違いがある場合があります。
ちょっとした費用の違いでも古民家リフォームといった比較的大規模なリフォームとなると大きな差が生じてきます。
そのため、小規模か大規模かに関わらず、リフォームを依頼する際は、複数の業者に見積もりを依頼しておおよその相場を把握しておきましょう。

□古民家リフォームで住宅選びの幅を広げる

今回は、古民家をリフォームする際の費用についてご紹介しました。
古民家のリフォームを視野に入れることで、家づくりの幅が広がります。
新築の場合よりも安価に家づくりができることが多い古民家のリフォーム。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?