2018年11月26日

古民家リフォームで利用できる税金優遇処置の種類と特徴とは?

古民家のリフォームを検討されている方の中には、「どのような税金優遇処置が受けられるのか知っておきたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか?
近年日本では、空き家が増加し、防犯上の面などから古民家についての問題が深刻化しつつあります。
そういった背景から、古民家のリフォームでは、様々な税金優遇処置を受けられるようになっています。
今回は、古民家のリフォームで利用できる税金優遇処置をご紹介していきます。

□古民家リフォームで利用できる税金優遇処置

古民家リフォームで利用できる税金優遇処置にはどういったものがあるのでしょうか?
主な5つの優遇処置をご紹介していきます。

*所得税の控除
定められた要件を満たしたリフォームを行うことで、所得税の控除を受けることができます。
所得税の控除には主に投資型減税、ローン減税、住宅ローン減税の3つがあり、税務署で必要な手続きを行うことで利用できます。
耐震のためのリフォームに対する優遇処置なのか、バリアフリー化向けたリフォームに対する優遇処置なのかで、満たすべき要件が異なりますので、注意が必要です。

*固定資産税の減額
固定資産税とは、保有している土地や建物に課税される税金です。
定められた要件を満たすことで、古民家に係る固定資産税を減額できます。
満たすべき要件は、工事内容によって異なります。

*贈与税の非課税処置
祖父母や父母といった直接的な親類から、居住用の住宅の新築費用やリフォーム費用を贈与された際に、一定の金額までは贈与税が非課税になるという税金優遇処置です。

*登録免許税の軽減
登録免許税とは、登記などに必要となる税金です。
買取再販業者が、一定の要件を満たすリフォームををした住宅を、個人が取得し居住した上で、一年以内に登記をした場合に、登録免許税の軽減を受けることができます。

*不動産取得税の特例処置
買取再販事業者が中古の住宅を買い取り、住宅性能が向上するようなリフォームを行い、その後住宅を個人に譲渡した場合に、不動産取得税が軽減されます。

□税金優遇処置で古民家リフォームをお得に

今回は、古民家のリフォームで利用できる税金優遇処置をご紹介しました。
古民家リフォームでは多くの優遇処置を利用できます。
また、優遇処置の他にも多くの補助金を利用することができ、事前にどういった優遇処置や補助金が利用できるかを確認しておくことでかかなり費用を抑えられるでしょう。
優遇処置や補助金を適切に利用して、より良い古民家リフォームを行いましょう。

2018年11月19日

古民家をリフォームする際にかかる費用は?相場とポイントを紹介

「古民家のリフォームを検討しているけど、どのくらいの費用がかかるのかわからない」「資金計画のためにもだいたいの費用を知っておきたい」
古民家のリフォームを検討されている方の中には上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
古民家のリフォームではその規模のよって費用が大きく異なります。
また、設備や機能のグレードによっても費用に差が生じます。
そこで今回は、古民家をリフォームする際の費用についてご紹介します。

□古民家リフォームに必要な費用について

*坪数とおおよその費用相場
古民家のリフォームの費用に関して、目安となるのはリフォームする古民家の規模です。
坪数とおおよその費用は次のようになっています。

・20坪:1500万円程度
・30坪:2000万円程度
・40坪:2500万円程度
・50坪:3000万円程度
・60坪:3500万円程度

リフォームをする坪数が大きくなればなるほど、必要となる費用は多くなります。
またこの費用は、古民家の内装と外装をリフォームした場合の費用を指します。

*費用に大きく影響するポイントとは?
費用に影響するのは坪数だけではありません。
ここでは、リフォームの費用に大きく影響する主な要素を3つほどご紹介します。

・古民家自体の劣化の程度
リフォームする古民家自体にどのくらいの劣化が生じているのかは、必要となる費用に大きな影響を与える要素です。
劣化の程度が大きければ大きいほど、必要となる工事が多くなり、費用が膨らむことになります。

・水回りの設備や建材の性能
また、水回りの設備や建材の性能にこだわればこだわるほど費用が大きくなる傾向があります。
水回りの設備は、グレードが様々なので、住宅設備の中でも費用が大きなものになっています。
また、建材についても使用する材料が木材かコンクリートなのか、木材ならどういった木材なのかなどによって費用が大きく変わってきます。

・施工会社による費用の違い
また、古民家リフォームでは統一された定価というものがありません。
そのため、業者によってリフォームに必要な費用に大きな違いがある場合があります。
ちょっとした費用の違いでも古民家リフォームといった比較的大規模なリフォームとなると大きな差が生じてきます。
そのため、小規模か大規模かに関わらず、リフォームを依頼する際は、複数の業者に見積もりを依頼しておおよその相場を把握しておきましょう。

□古民家リフォームで住宅選びの幅を広げる

今回は、古民家をリフォームする際の費用についてご紹介しました。
古民家のリフォームを視野に入れることで、家づくりの幅が広がります。
新築の場合よりも安価に家づくりができることが多い古民家のリフォーム。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

2018年11月12日

自然素材を利用するメリットとは?|島田市で注文住宅を建てる

注文住宅を検討されている方の中には、自然素材での家づくりを検討しているという方も多いのではないでしょうか?
自然素材の家づくりでは、鉄筋コンクリート造りなどの住宅にはない様々なメリットがあります。
今回は、自然素材の家づくりのメリットを5つほどご紹介します。

□自然素材を利用するメリットとは?
自然素材を利用することがでどのようなメリットを得ることができるのでしょうか?
次に、それぞれのメリットをご紹介します。

*化学物質を使用しないため安心できる
自然素材を利用するメリットは何と言っても、化学物質を使用していないということです。
近年、住宅に使用されている化学物質の影響でシックハウス症候群や、アレルギー症状に見舞われる方が多くなっています。
その一方で、自然素材の家づくりではその原因となる有害な化学物質を使用しないため、安心できる健康的な住環境を実現できます。

*耐震性・耐久性に優れている
「鉄筋コンクリート造に比べると自然素材の木造住宅は耐震性や耐久性に劣るのでは?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
実は、木材は同じ利質量で考えた場合、鉄よりも高い引張強度を誇り、コンクリートよりも高い圧縮強度を誇っています。
そのため、自然素材の木造住宅でも十分に高い耐震性・耐久性を誇る家づくりを行うことができます。

*自然由来の調湿性能でさらさら快適
自然素材の家づくりでは、自然由来の調湿性能が働き、ジメジメしない快適な住環境を実現することができます。
また、この調湿性能により、住宅の劣化を引き起こす結露やカビも未然に防ぐことができます。

*経年劣化を楽しむことができる
自然素材の家づくりでは、鉄筋コンクリート造などの住宅と比べて、経年劣化を楽しみやすくなっています。
住宅に使用されている床材は、時間が経過するとともに色合いが変化し、味わいが深まり、香りも変化します。
この色合いの変化や香りを変化を時間の経過とともに楽しめるという魅力を持ちます。

*熱に影響されにくく断熱性能が高い
木材は鉄やコンクリートに比べて、熱に影響されにくい素材です。
そのため、木材を使用した自然素材の住宅では、鉄筋コンクリート造の住宅よりも断熱性能が優れており、夏でも涼しく冬でも暖かい、快適な住環境を実現しやすくなっています。

□自然素材で安心の家づくり

今回は、自然素材の家づくりのメリットを5つほどご紹介しました。
自然素材の家づくりでは、鉄筋コンクリー造などの住宅にはない多くのメリットがあります。
もし新築を検討されている場合は、自然素材住宅も検討してみてはいかがでしょうか?

2018年11月 5日

古民家をリフォームする際に利用できる補助金は?種類と特徴を解説

近年の環境への配慮から、環境に優しい省エネルギーな家づくりだけでなく、すでにある古民家をリフォームして新しく快適な住環境を実現しようとする古民家リフォームも注目を集めています。
古民家のリフォームを検討されている方の中には、「できることなら、お得にリフォームがしたい」「もし、利用できる補助金があれば知っておきたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

古民家リフォームでは様々な補助金を利用できるようになっています。
今回は、古民家リフォームで利用できる主な4つの補助金に関して、その種類と特徴をご紹介します。

□古民家リフォームで利用できる補助金

古民家リフォームで利用できる補助金にはどのようなものがあるのでしょうか?
主な4つの補助金は以下のようなものです。

*省エネルギー化に対する補助金
近年の環境への配慮の高まりから、古民家の省エネルギー性能を高めるリフォームに対して、補助金を受けられるようになっています。
具体的には、居室や窓、屋根や床、壁といった箇所に断熱工事を行う際に利用できます。
補助金を除いて標準的工事費が50万円を超える場合に、借入金の年末残高における省エネルギー工事費用の2%、その他工事費の1%の補助金を利用できます。

*バリアフリー化に対する補助金
省エネルギー化のリフォームだけでなく、バリアフリー化に向けたリフォームでも補助金を受けられます。
バリアフリー化に対する補助金を受けるためには、家族に要介護・要支援を受けている50歳以上の方がいるといった条件を満たした上で、通路や出入り口の拡張、住宅内の段差の解消、手すりの取り付けなどの工事を行うことが必要です。
標準的工事費が50万円を超える場合に、借入金の年末残高における省エネルギー工事費用の2%、その他工事費の1%の補助金を利用することができます。

*耐震性能向上に対する補助金
最近では、地震での被害を軽減するため、耐震性能の向上が見込めるリフォームに関して、補助金を利用できます。
耐震性能向上に関する補助金は、10年以上のローンを組んだ状態のリフォームで利用することができます。10年間で最大400万円の補助金を受けることができます。

*三世代同居に向けた改修に対する補助金
近年の少子高齢化や核家族化への配慮から、三世代が同居できるように古民家をリフォームする場合にも補助金を受けられます。
三世代同居に向けたリフォームは、浴室やトイレ、玄関やキッチンのうちのいづれかを増設した上で、4つの設備のうち2つ以上が複数存在することで利用することができます。
最大で63万円程度の補助金を利用することができます。

□補助金を利用してリフォームをお得に

今回は、古民家リフォームで利用することができる補助金の種類と特徴を、主な4つの補助金に関してご紹介しました。
補助金を利用することで、よりお得にリフォームを行うことができます。
古民家リフォームも視野に入れて、家づくりの幅を広げてみてはいかがでしょうか?