2018年10月29日

古民家風リフォームに使われる自然素材の特徴をご紹介

「日本の古き良き住文化に触れながら毎日を過ごしたい。」
「木や自然素材に囲まれた、ぬくもりが感じられる家に住みたい。」
このように、思われている方はいらっしゃいませんか。

今回は、古民家風にリフォームするにあたって、リフォームに実際に使われている素材の特徴を具体的にご紹介します。

□古民家の自然素材の特徴
*自然素材の強度
古民家にはヒノキやケヤキが使われていることが多く、それらの自然素材の強度は非常に高いと言われています。

例えば、樹齢100年のヒノキの強度は、200年から300年の間維持され、強度が落ちてくるのは800年から1200年とされています。
ケヤキの場合でも、強度が落ちてくるのは800年経ってからという研究結果があります。
古民家だからといって、自然素材の強度について心配する必要はほとんどありません。

現存する世界最古の木造建築物で、世界遺産でもある法隆寺がヒノキで建てられていますから、安心安全と言えますね。

*自然素材の貴重性
古民家に使われているような太い柱や梁を新しく用意するとなると、相当な費用がかかる可能性がありますし、手に入らない場合もあります。
ヒノキの森林面積は、針葉樹林ではスギに続いて広いですが、大半は人工林で、天然林は保護林としてごくわずかの面積しかありません。

そのため、質の良いヒノキを入手するのは非常に困難になっています。
そのような貴重な自然素材は、新しく作り変えるよりも、再利用してしまう方がお得ですし、自然保護にもつながります。

*自然素材の効果
自然素材の効果と述べましたが、主にヒノキがもたらす効果についてご紹介します。
ヒノキにはリラックス効果、浄化作用、防虫効果、殺菌効果というような様々な効果があります。
これらは、ヒノキに含まれるヒノキオール、カジノール、ピネンなどの精油成分によるものです。

ヒノキは伐採後も、その効果を発揮し続けます。
加えて、人体に無害な物質なため、副作用はほとんどありません。
むしろ、人に恩恵をもたらす成分ばかりがヒノキには含まれています。

□最後に
ここまで、古民家の自然素材の特徴について述べてきましたが、古民家が持つ魅力が十分に伝わったでしょうか?
古民家には良い点がたくさんあるのです。
家を建てるのは新築だけではなく、古民家をリフォームするのも一つの手段です。

片川工務店では、古き良き自然素材を活かした古民家再生リフォームも承っております。
古民家風リフォームに興味がございましたら、片川工務店までお気軽にご相談ください。