2018年9月24日

自然素材の注文住宅を建てる際の土地選びのポイントとは? 島田市の工務店が解説します

「自然素材の注文住宅を建てるにあたっての注意点はなんだろう?」
「自然素材の注文住宅を建てたいけど、どこに建てたらいいのだろうか...」
「注文住宅を建てるにあたって、土地選びに困っている。」


このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

自然素材の注文住宅を建てるにあたって、どういう土地に建てるのがいいのかよくわからないですよね。
せっかくの注文住宅ですし、土地選びも失敗したくありませんよね。

そこで今回は、「自然素材の注文住宅を建てる際の土地選びのポイント」についてご紹介します。

□自然素材の特徴
自然素材とは、人工的な化学物質が含まれていない建材のことを指します。

自然素材は断熱性や調湿性に優れています。
夏は涼しく、冬も素足で歩けるくらい暖かいです。
そんな自然素材で囲まれた空間は心地よく感じられます。

また、カビやダニの発生を抑える効果も持っています。
化学物質が含まれていないので、小さなお子様や高齢者がいる家庭でも安心して生活できます。


□土地選びのポイント
注文住宅を建てるとき、どうしてもどんな家にたてるかに目がいくかとは思いますが、同じくらい大切なのが「土地選び」です。

そんな土地選びには2つのポイントがあります。

*地域の環境を知る
住宅を建設する際に、その地域の環境はよく調べないといけません。
特に地震どれくらいの頻度で起こっているかは重要です。
地震大国の日本だからこそ、地盤の良いところを探して建設しましょう。

住宅は地震などの横揺れに弱いです。
家を長持ちさせるためには、地盤が良いところを選ぶことは必須です。

*利便性の良いところに建てる
2つ目は周囲の利便性を考えることです。
最寄駅や病院がどれくらいの距離に位置しているかを確認しておきましょう。
スーパーやコンビニも同様に、生活するうえで欠かせないので、近隣の施設を調べておきましょう。
お子様がいる場合は、通学予定の学校へのアクセスも押さえておきたいポイントです。
このように、生活に深く関わる施設の位置を調べて、より利便性が高い土地を選びましょう。

□最後に
以上、「自然素材の注文住宅を建てる際の土地選びのポイント」についてご紹介しました。
土地選びのポイントについてご理解いただけましたでしょうか?

片川工務店では、地域の生活に合った住まいの計画をご提案させていただいています。
島田市で自然素材の注文住宅をお考えの方は、是非片川工務店までご連絡ください。