島田市で注文住宅を自然素材で建てることのメリットとは

憧れのマイホームを建てる時には、最初の選択として、分譲住宅にするのか注文住宅にするのかという選択肢があります。

今回はその中でも「注文住宅にするぞ!」というこだわりのある選択をされた方へ、さらなるこだわりポイントとして"自然素材"の存在をお伝えします。


・"自然素材"とは?
まずは、そもそも"自然素材"という名前を聞いたことがない人もいらっしゃるのではないかと思いますので、"自然素材"についての簡単な説明から始めます。

"自然素材"とは天然木材など人工的な化学物質を使用しない素材のことを指します。
代表的な例としては天然木材の他に、漆喰などの塗り壁材や麻などを原料にした床材などがあります。


・"自然素材"を使うとどんな良いことがあるの?
それでは、上記のような"自然素材"にはどんなメリットがあるのでしょうか。

1 化学物質を使わないのでアレルギーなど健康に悪影響がない
2 自然素材は国内産のものが多いため輸送にコストがかからない
3 耐久性が高く長期的な視点で見たときにはコストが低い
4 調湿機能、保湿性、断熱性などの機能が優れている

このように、自然素材は化学的な加工を一切しないことで、天然木材が本来持っている様々な機能をメリットとして活かすことができるのです。

一方で優れた機能性の裏返しとして、乾燥すると反ったりねじれたりする、色のバラつきがあるなどのデメリットもあります。
しかし、そのデメリットもあらかじめ乾燥させた自然素材を使用することで防ぐことができます。加えて経年変化を味わいと捉えれば、メリットにもなるとも言えるでしょう。


・素材の重要さ
家を建てるときに建材の素材にはじめから注目する人はなかなかいません。
しかしながら、建材に含まれる化学物質が原因による健康被害は侮れないです。
実際に「シックハウス症候群」と呼ばれる建材に使用される接着剤や塗料などにより不調を訴える人も少なくありません。

せっかく注文住宅で自分の理想通りのマイホームを手に入れたとしても、建材に含まれる化学物質で愛する家族が苦しむのはとても悲しいことです。


・注文住宅だからこそ自然素材
分譲住宅ではなく注文住宅という自分のこだわりを反映させる選択をするからこそ、その選択を間違いのないものにするために、建材の素材も"自然素材"にすることが一番安心です。
自分たちの代だけでなく未来の家族のことまで考えたときに、"自然素材"というものがベストな選択ではないでしょうか。

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.katakawakoumten.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1287