島田市で自然素材の注文住宅を建てるなら工務店で!おすすめ理由は?

家を建てる時には気になることがたくさんありますよね。
例えば分譲住宅か注文住宅のどちらが良いのか、建材は今話題の自然素材か一般的な木材のどちらが良いのかなどです。
 
今回はそういったお悩みの中でも、「注文住宅で自然素材を使ったマイホームを建てたい!」というこだわりのある人が、最後に迷うであろう部分についてアドバイスをしたいと思います。

さて、それでは上記のようなこだわりのある人が最後に迷う部分とは一体どこなのでしょうか?
それは発注先をハウスメーカーか工務店のどちらにするかということではないでしょうか。

ここからは、ハウスメーカーVS工務店という構図において、注文住宅を自然素材で建てる時にはどちらに発注する方が良いのかということについて検証していきます。
そもそもハウスメーカーと工務店のそれぞれの違いが分からないという方がいらっしゃるかもしれないので、始めに両者の違いを説明します。

〇ハウスメーカー
ハウスメーカーという言葉に明確な定義はありませんが、積水ハウスのような全国展開している量産住宅会社のことを指します。

〇工務店
一方で工務店という言葉にもはっきりとした定義はありません。
地場産業として根付いている建築専門業者を総称している場合が多いです。
両者の違いは主に事業規模の違いと業務の違いにあります。
事業規模に関しましては上記の通り、全国展開しているのか地場産業として経営されているのかという部分に現れます。

業務内容に関しましては、ハウスメーカーが家そのものだけを商品として扱うのに対し、工務店はそれに加え家造りの過程も商品として扱っているという違いがあります。

もう少しわかりやすく解説します。
ハウスメーカーは先述の通り全国展開していますので家造りを規格化して扱っています。ある程度自由に内装を変更することもできますが、限られた選択肢の中から組み合わせることが多いです。

一方で工務店は家造りの最中に、お客様と相談しながら進めていくことが多いです。
そのため希望の設備や建材を使用し、間取りなども理想を実現しやすいです。


さて、ここで本題に戻ってみます。
今回は注文住宅で自然素材を使用した家を建てたいというニーズがある場合は、ハウスメーカーと工務店のどちらが良いのかという問題です。
ハウスメーカーと工務店の違いを始めから知っている人ならば、すぐに答えは出ていたと思いますが、今回「注文住宅」「自然素材」という選択をしている時点で工務店が適しているのは明確です。

注文住宅ということは自分の中でつくりたい間取りのイメージがあるはずです。
また、自然素材の建材を使うのも、ハウスメーカーではほぼ選択できないこでしょう。
自由度を求めることになるので、それらの希望を伝えながら一緒に家造りを進められる工務店を選択するのがこの場合は良いと思われます。


最後に、ハウスメーカーに比べて広告があまりないのも工務店です。
ですので、どの工務店が良いのかが分かりにくいという問題点もあります。
間違えて質の悪い工務店を選んでしまった場合は後々とんでもない後悔をする恐れがあります。

そのため、工務店選びはホームページを見たり口コミを見たりと、入念な情報収集が必要になることを押さえておくと安心です。
まずは私たち片川工務店のサイトなどを参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://www.katakawakoumten.jp/

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.katakawakoumten.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1289