島田市で注文住宅を建てるなら知っておきたい坪単価の計算方法

突然ですが「坪単価」というワードを聞いたことがあるでしょうか。
普段耳にしたことがないという人が大半なのではと思います。
しかし、今まさに新築住宅についてあれこれ考えている人にとってはホットワードではないでしょうか。

今回は分かるようで分からない「坪単価」について解説します。


・坪単価とは
まずは、坪単価についての基本的な説明からです。
坪単価とは、建物の本体価格を建物の面積で割ったもののことを指します。
例えば2000万円の建物があり面積が50坪の場合は坪単価は40万円になります。


・坪単価の落とし穴
しかしここで注意する点があります。
それは、割る時の面積が"延床面積"である場合と"施工面積"である場合の2パターンがあるということです。

延床面積とは建物の床面積の合計のこを指します。
一方で施工面積は延床面積+吹き抜けなどの面積も加えたものを指します。
ですので、住宅メーカーによってどちらの面積で計算しているのかを確認しなければ価格を見誤ることになります。


・地域の違いも関係する
坪単価は地域によっても変化します。
東京と地方の比較をイメージしてもらえれば納得しやすいかと思われます。
ちなみに静岡県の坪単価は特別安いわけではありませんが、やはり愛知などの都市と比べると低いです。


・面積が小さくても坪単価が上がることがある
例えば設備が同じであれば、延床面積を小さくすればその分金額も下がるのではないかと思われるかと思います。
しかし面積と比例して人件費や運搬費などが大きく変化することはあまりないので、かえって坪単価が高くなることが多いです。


・家の形も影響する
壁が真っ平らな家の場合よりも、凹凸がある方が工事が複雑になることは想像に難くないでしょう。
工事が複雑になると工事費の上昇に繋がるので坪単価も上がることになります。


・その他の費用も
また、坪単価には建物自体以外の水道、電気、ガスなどの工事費用は含まれていません。
そのため坪単価以外にも別途費用がかかることにも注意しなければなりません。


・ハウスメーカーと工務店での違い
坪単価に影響を与える要素は様々ありますが、ハウスメーカーと工務店を比べた場合は広告料の違いが一番明確に現れます。
一般的に広告の規模が大きいハウスメーカーの方が、その価格が坪単価に転嫁されて高くなります。


以上が坪単価の計算方法と坪単価の金額に影響を与える様々な要素になります。
記事を読んで気づかれた方も多いのではと思いますが、結局坪単価とはその建物の金額のおおよその目安にしかなりません。
例えば、A社の坪単価は、水廻りの設備はオプション。B社の坪単価は、カーテン、照明器具、網戸がオプション。C社の坪単価は全てコミコミ。など本当にいろいろなのです。

同じハウスメーカー内の商品同士では比較の目安になりますが、他のハウスメーカーとの判断には使えないということもあります。
しかし裏を返せば複数の建築会社に見積もりを依頼することで、安い坪単価の建物を見つけることもできるかもしれないということです。

加えて上記の通り建築の仕様や設備、壁の面積などによっても坪単価は左右されるので、できるだけ低い金額に納めたい場合は、シンプルな間取りの建物にすることがおすすめです。

最後に、坪単価は、建築業界で統一されたモノではないので、住宅会社によって価格はばらばらになります。10社あれば10通りの条件を異にする価格になり、そのため坪単価で比較する場合は計算するための条件をそろえてから計算する必要があります。
ですが、素人ではなかなか判断が難しいと思いますので、安易に坪単価だけで住宅会社を選択しないことが大事です。

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.katakawakoumten.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1288