2018年5月28日

【注文住宅を島田市で自然素材で建てるなら】工務店がおすすめ理由をご紹介します!

これから注文住宅をお考えの方の中には、
「自然素材を使った家を建てたいけど、ハウスメーカーと工務店どちらを選ぼう?」
「注文住宅を工務店に依頼すると何が良いの?」
など、どこに注文住宅を依頼するか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、注文住宅を依頼する際に、どのような会社を選ぶと良いのかをご紹介します。

【工務店とハウスメーカーの違いは?】
大きく分けて、違いは3つあります。
≪企業規模≫
・工務店
地域密着で、大手ハウスメーカーに比べて規模が小さいことが挙げられます。
支店などもなく、ほとんどがその店舗のみで営業しています。
ハウスメーカーよりも、施工する地域の規模が小さく、狭い範囲で営業を行っているのが工務店です。

・ハウスメーカー
全国的な規模で、さまざまな場所に支店や営業所があります。
市内だけでなく県外にもモデルハウスを持っています。

≪設計の自由度≫
・工務店
ハウスメーカーに比べて自由度が高く、お客様と一緒に住宅を作り上げていくようなイメージです。
趣味の部屋を作りたいという希望から一階部分は駐車場とアウトドア用品のスペースにしたいという希望まで簡単に設計に組み込むことができ、少々のことなら途中で設計変更も可能です。
また、設計する人との距離感が近く、何でも話し合える環境であるので、どんな小さな希望でも叶えてくれます。

・ハウスメーカー
家を設計する方法は、「自由設計型」「規格型」があり、自由設計は希望を伝えるとその通りに立ててくれます。
また、規格型は間取りのパターンなどを様々なバリエーションが記載されているカタログの中から選んでいきます。

≪価格≫
・工務店
価格は工務店の方が安い場合があります。
同じ予算でも工務店の方がワンランク上のものを作ることができます。

なぜなら、広告料や展示場、モデルルームなどの販促費にお金をかけないので安くすることができるのです。
さらに、大工さんや職人さんとの距離が近いため、工務店の理念に賛同して低価格で高品質の家を建てることができるのです。

・ハウスメーカー
ハウスメーカーは価格が安定しており、分かりやすい価格設定ですが、どうしても広告費やモデルルームの販促費まで上乗せされています。
そのため、比較的高価格になってしまいます。

【まとめ】
工務店の方がハウスメーカーより、自由に設計ができて比較的低価格で注文住宅を建てることができます。
これから注文住宅を建てる方は、工務店とハウスメーカー、でどちらの方がご自身にあっているかを確認して依頼をするようにしましょう。

2018年5月21日

【注文住宅を島田市で自然素材で建てるなら】土地選びのポイントとは?

これから注文住宅をお考えの方の中には、
「注文住宅を建てたいけど、どこに建てよう・・?」
「自然素材の家の特徴を踏まえてどんな土地にたてようかな?」

などと気になっている方もいらっしゃるでしょう。
今回は、自然素材の家を建てるために知っておきたい土地選びの情報をご紹介します。

【自然素材の特徴とは?】
天然木材を使用したものは金属や他のものに比べて熱伝導率が低いので、外部からの熱は通さず夏には涼しく、冬の寒さを通さないので暖かく、一年中温度を一定に保つ機能があります。

また、木は空気中の余分な水分を吸い取ったり、水分を放出したりするので、湿度を下げる働きもあることから防カビ効果も、加湿効果もあるので、人にとって住み心地の良い家にすることが期待できます。
また、木は鉄筋コンクリートにも劣らない耐震性があります。地震に強い家ということでもとても優れています。

【自然素材に合った土地はあるの?】
上記で述べたように、自然素材にはとても多くの機能があります。
自然素材の住宅は、日本の風土に根ざしており、どのような土地でもその効果を発揮します。
ですから、自然素材の家だからと言って、通勤に便利な土地から離れなければならないなどといったことはありません。

ただ、自然素材の家は住み心地が良く、長年住むことができるので、高齢になっても生活がしやすい、何十年先を想定して土地選びをすることをおすすめします。
それでは、土地選びはどのようにするべきなのでしょうか?

【土地選びのポイントとは?】
・通勤や通学に向いているか
これから長年通う学校や会社までの行き道はとても大切です。
特に学校までの通学路には人通りがあるか、林道などがあって見通しが悪くないかなどを確認しておかなければならないでしょう。

子どもたちが一人で通っても安全そうか、部活帰りの時間帯などに合わせて通学してみることをおすすめします。

・買い物ができる場所
いざ住んでみて、食料品を買う場所がとても遠くにあり、「不便!」とならないように事前にスーパーなどに足を運んでみましょう。そこに住んでいる人の雰囲気も分かるかもしれませんよ。

【まとめ】
自然素材を使った家は、長年快適に住み続けることができるので、高齢になっても不自由なく過ごせる場所かどうかを見ておく必要があります。
スーパーが近くにないと、住み続けるには不便と感じることがあるかもしれません。
皆さんも、自然素材の注文住宅を建てる際は長年住み続けられる土地を探すようにしましょう。

2018年5月14日

【注文住宅を島田市で建てる方必見】自然素材で住宅を建てるメリットとは?

これから注文住宅を建てようとお考えの方の中には、
「自然素材を使った家は健康に良いのかな?」
「自然素材を使った家の良いところってどこだろう?」
と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日本人は昔から自然に慣れ親しんできました。
木造住宅が一般的でしたし、今でも木が使われている家に入ると落ち着くという方もいらっしゃるでしょう。

今回は自然素材を使った家に住みたいと考える方のために、自然素材のメリットをご紹介します。

【自然素材の何が良いの?】
自然素材にはたくさんの良い点があります。
・安全性
まず、安全性が挙げられます。
注文住宅を建てるときに気になるのがシックハウス症候群です。
シックハウス症候群とは、住宅を建てる際に使用する建材から発する化学物質が人体に影響を及ぼし、さまざまな症状を引き起こすものです。

その症状は多岐にわたり、頭が痛い、体がだるい、かゆいなど、シックハウス症候群と断定することはとても難しいので、万が一シックハウス症候群になっていても原因に気が付かずに過ごすことになるかもしれません。

そのようなことが起こらないようにするためには、化学物質を含んだ建材を使うのではなく自然素材のものを使うことです。
シックハウス症候群の対策をするためにも、自然素材の住宅はご家族の健康を守るために信頼できるものだと言えます。

・快適性
「自然素材」の良いところはやはり、その快適性にあります。
人は木や自然素材に包まれていると、リラックスしてストレス解消するようです。
木には「フィトンチッド」という香りをもたらすものが人に爽快感や安心感を与えてくれます。

さらにその効果は自律神経を整え、精神状態を安定させてくれます。
特に小さなお子様が居るご家族様には、自然素材を使った家は、子育てにもとても良いことがお分かりいただけると思います。

・機能性
木や塗り壁材は、防臭効果、除湿効果があり日本の気候ならではのジメジメした季節にはとても嬉しい効果です。
特に新築の家にカビが生えてしまったらとてもショックですよね。
自然素材を使用して建てられた家なら、除湿効果があるので一般的な家と比較してカビが生えにくくなります。

【まとめ】
木や自然素材の住まいは、日本の気候風土にとても合っているので家族の健康、子育て、室内環境の快適さを考えるのでしたら、これ以上の良質な素材は無いといっても過言ではないでしょう。
上記の他にも夏には涼しく冬には温かく、温度を一定に保つ機能もあります。
みなさんも、注文住宅を建てる際は、自然素材を選んで居心地の良い家を手に入れましょう。