古民家リノベーションの耐震性について島田市の業者が解説

古民家リノベーションの耐震性については島田市にお住まいの方々もご心配されているのではないでしょうか。古民家ということは何十年も前に建てられたということになります。日本で耐震の重要性が指摘されるようになったのはここ30年ほどのことなので、それまでに建てられた家の耐震性が低かったとしてもそれほど不思議ではありません。そもそも日本では1995年の阪神淡路大震災まで震度7という地震を想定すらしていませんでした。地震学として震度7を想定していなかったということは、もちろん住宅を建てるときにも想定していなかったはずです。つまり、1995年の阪神大震災以前に建てられた住宅については震度7の揺れに耐えられない可能性があるということです。

では古民家にはまったく耐震性がないかというとそうとは限りません。古民家は木造の性質を生かした作りになっていることが多く、揺れを緩和する仕組みが採用されている可能性があります。現在の建築基準法では建物の耐性について、壁の量で測る仕組みになっています。壁の総延長が長いほど地震への耐性が高くなります。一方で古民家の場合は柱などに重点が置かれており、現在の耐震基準とは異なる方法で強化がなされていることが多いです。つまり、古民家だからと言って必ずしも地震に弱いということはありません。ただし、古くなっていて耐久性が落ちていることは予想されるので古民家リノベーションなどを行う必要があります。

古民家リノベーションではその住宅の持つ性質を生かした施工が行われます。その住宅の良さを失わせてしまうような施工を行っても高い効果を生み出すことは出来ません。それぞれの古民家が持つ性質は異なっているので、詳細な調査を行う必要があります。業者によってはあまり調べずに古民家を取り壊して立て直すことを主張するケースもありますが、入念な調査を行うことにより、古民家の良さを残せる可能性もあります。

古民家リノベーションを行った後の耐震診断を行うと、耐震性が低いと診断されてしまうことも考えられます。これはリノベーションによって耐震性能が上昇しなかったということではなく、現代の住宅とは種類が違うということです。耐震診断で検査される項目はあくまで現代風の住宅に合わせたものになっています。そのため、古民家の耐震力をチェックする際には診断項目にも注意しておく必要があります。その点までを把握している業者に依頼することをお勧めします。大切な家を守りつつ、災害への安全性を向上させられる可能性が十分にあります。

注文住宅に自然素材を取り入れるときの注意点を島田市の業者が解説

注文住宅に自然素材を取り入れる際のメリットですが、住まいがエコでロハスな雰囲気になる点です。いわゆる一般的な建築素材だと安価なコストで頑丈な住まいが構築できます。一方でやや殺風景な雰囲気になるのが玉にきずです。自然素材を取り入れた内装にした方が親しみが生まれますし、温かいムードが演出でき体感的にものんびりとした優しい空間が感じ取れます。アンティーク調の木材などを導入すれば、それだけで新築ながらも味のある住まいが出来るのも魅力です。

一方で自然素材を取り入れる上で一定の注意点があります。文字通り天然由来の建材となりますので、コストが通常よりも高くなります。一点物の豪華絢爛な家具がお高いのと理由は同じです。木目の美しさやエコで優しい雰囲気は魅力的ですが、沢山の量を注文住宅で使うと建築費用が増えるので予めご了承下さい。

次に天然の無垢材は通常の建材に比べて経年変化が目立ちます。やはりナチュラルな素材なので、人や動物の様に年齢を毎年重ねていき、良く言えばビンテージジーンズの様により深い味わいが生まれていき、住まいに荘厳な印象が出ていきます。一方でフローリングや壁に沢山の物を使うと、経年変化が少々目立ち、また傷や汚れが普通の物よりも目立つため、お子様やペットと過ごすご家庭には、注意が必要です。

ペットやお子様が無意識的に壁や床をひっかいたり、ハイテンションで室内で遊びますと、やはり自然と内装には汚れや痛みが蓄積します。自然素材の場合、絵の具やペンやひっかき傷がそのまま、表面に残りやすくお手入れも少し普通の建材よりも手間が掛かります。綺麗に汚れや痛みを落とすためには、専門家のクリーニングやメンテナンスを受けなければならず、天然の無垢材は使う場所を選んだ方がオススメです。

一般的な建材の壁やフローリングの床だと、市販されている掃除道具や洗剤で綺麗にすることが出来ます。対して自然素材の方は、木材の種類や状態によって、日々のお掃除の方法を細かく変えないといけません。松や杉や桐や檜など、多種多様な木材がありますが、いずれも細かい材質は違っており、お手入れの頻度や方法も違ってくるのです。

普通に市販されている強力な洗浄力をもつ洗剤や簡単にクリーニングが出来る掃除機やハンディクリーナーでは、天然素材の床や壁は正しく掃除出来ない事も多く、返って傷をつけてしまったり、寿命を短くしてしまう恐れもありますので、注文住宅に使う際は量と使う部屋を正しく考えた方が、現実問題としてライフスタイルは過ごしやすくなります。

自然素材のメリットとデメリットを島田市の注文住宅業者が解説

食べ物、洋服にしても「自然」という言葉が使われていると、人にとっても環境のことを考えているように思えます。では注文住宅で使われる自然素材はどうなのかというと、単純にはいえません。自然素材を使うことが、どのような結果につながるのかを知るためには、そこにあるメリットとデメリットを知ることが大切です。

最初に自然素材のメリットを学んでみましょう。もっとも大きいのはシックハウス症候群の予防になることです。注文住宅をつくるときには壁紙を貼り付けたり建材が腐食しないように防腐剤を縫ったりと多くの化学物質が使われています。それらの化学物質は時間が経過すると気化して家の中に充満していきます。そこで生活をすれば、必然的に呼吸とともに化学物質を吸い込むことになります。すると、体の中で化学物質が蓄積されていき、様々な影響を与えていきます。それがシックハウス症候群で頭痛、めまいなどに悩まされることになり、日常生活を送ることが難しくなります。

そのような状態ではせっかく建てた家で生活することができなくなります。悪くすれば、新築なのに手放して他の場所で生活をしなければいけません。それが無垢材や漆喰、珪藻土など自然素材が使われているのであれば、問題となる化学物質が使われないので空気を汚染することはありません。むしろ、化学物質があればそれを吸着して、無害な状態にしてくれるものさえあります。

また生活する場ということを考えると、無垢材などは温もりを感じるし時間とともに変化をしていきます。その見た目や触り心地は、住人の心を癒やしてくれる要素となりえます。特に子供を育てたいというときには、その家で育つことが情操教育につながるという考えもできます。

それに対してデメリットは何かというと、無垢材を使ったフローリングや柱は傷つきやすいです。それも魅力と考えることも出来ますが、何十年もその傷と付き合うことができるのかということをよく考えなければいけません。

それから、建てられてからしばらくすると木が割れたりすることがあります。材木に含まれる水分が乾燥すると、ひび割れは起きやすいのです。建材として使用するときには乾燥させてはいますが、それでも起きる可能性は高いです。もし割れないように対策を講じたいならば、オイルなどで表面の乾燥を防ぐ事が必要です。

最後に自然素材ということに憧れる人が多いのですが、いざ工事をしてみると費用が高くなるのを覚悟しなければいけません。工場で製品を作るのと違って大量生産をしているわけではなく、木を切り出して加工しているためにどうしても割高になってしまいます。

古民家をリフォームする際の種類と注意点!島田市の業者が解説します!

みなさんの中に、古民家を再生したい、とお考えの方はいらっしゃいませんか?
古民家をリフォームする方法には、いくつかの種類があります。
リフォームしたいとお考えの古民家の状態によって、それぞれに適したリフォーム方法があります。
今回は、古民家をリフォームする際の種類と注意点について解説していきます。

□古民家リフォームの種類
*典型的な古民家リフォーム
これは、建物の柱や梁、構造には手を入れず、ガス・水回りの設備の入れ替え、外壁を貼り換えるという作業を行うリフォームです。

*移築してリフォームする
古民家に使われている部材の全てあるいは一部を使用して別の場所に移動させることで、リフォームを行います。

*解体してリフォーム
床、屋根、壁などを外して構造体や柱、梁に手を加えるというリフォーム方法です。

*他の民家に使われていた材料を再利用する
他の民家に使われていた材料を使うことで、マンションの部屋や一軒家を古民家風にリフォームする方法です。

□それぞれの注意点
では、先ほど述べた4種類のリフォーム方法それぞれの注意点をご紹介します。

*典型的な古民家リフォームの注意点
構造体や柱、梁に手を入れずにリフォームを行うため、もし土台がもろかったり構造に何らかの問題があったりした場合には、それを解決しないままリフォームを行うことになります。
構造体に問題がないかどうかを事前に調査してもらいましょう。

*移築してリフォームする際の注意点
このリフォームをするには、構造体の状態がきれいで強度があるという必要があります。
これも先程述べた通り、業者に調査してもらうことをおすすめします。

*解体してリフォームする際の注意点
一般的な古民家リフォームよりも時間とお金がかかることが最大の注意点です。
構造体や柱、梁に問題がない場合は、典型的な古民家リフォームを選んだほうが良いかもしれませんね。

*他の民家に使われていた材料を再利用してリフォームする際の注意点
古材を購入する際に、選別してクリーニングし研磨する必要があるなど、古材を使用できる状態にするまでに手間がかかります。
また、運搬や保管のためのコストがかかることも留意しておいてください。

□まとめ
古民家をリフォームする際の種類と注意点についてご紹介しました。
当社では、建築・リフォーム・リノベーションを行う際、重要なポイントとして第三者機関が厳しい検査を行った上で安全な住宅を作ることを心がけています。
興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

島田市の業者が解説!古民家リノベーションで使えるローンの組み方

みなさんの中に古民家のリノベーションに興味があるという方はいらっしゃいませんか?
昔ながらの落ち着いた雰囲気をもった住宅をリノベーションによって作りたい、という方は特に高齢の方には多いのではないでしょうか?
リノベーションは業者に依頼することになりますが、家の骨組み以外を取り壊して工事するリノベーションでは金額が高くなりがちです。
そのためローンを組まれる方が多いのですが、ローンの種類や組み方が分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、リノベーションの際のローンの種類や組み方をご紹介します。

□使えるローンは?
リノベーションはリフォームの一種ですので、基本的に利用できるローンはリフォームローンです。
次に、リフォームローンの金利や返済期間について簡単にご説明します。
返済期間は住宅ローンに比べて短く、最長でも15年となっています。
リフォームローンは借りることのできる限度額が住宅ローンよりも小さいため、返済期間も短くなるということです。
金利は3%前後が多く、クレジット会社だと4%前後になることもあります。
今説明したのはすでに古民家を持っていてそれをリノベーションする場合ですが、中古住宅を購入してリノベーションして古民家にする場合には住宅ローンが使えることがあります。
つまり、中古住宅の購入費とリノベーションの工事費を合わせて一本化したローンを組めることがあるのです。
住宅ローンの返済期間は最長35年、金利はリフォームローンに比べて低く1.3%前後が多いです。
リフォームローンでは担保がいらないところが多いですが、住宅ローンは担保と連帯保証人が必須です。
その条件も考えてどちらにするべきか検討するといいでしょう。

□ローンの組み方
まずはローンを扱っている金融機関へ借入申込を出します。
その後団体信用生命保険に加入し、審査結果を待って、審査の結果が出たら住宅購入の代金決済を行い、リフォームに着工します。
リフォームが終了したら、適合証明検査を受けて、検査機関から適合証明書を交付してもらいます。
無事に適合検査に合格したらリフォーム費用の決済をして金融機関に適合証明書を提出し、ローンの借入契約を締結します。
そして火災保険に加入して、やっと融資実行となります。
必要書類は所得証明書・住宅の登記事項証明書・土地の登記事項証明書などが主です。
必要になる書類は金融機関によって細かく変わってきますので注意しましょう。

□まとめ
古民家リノベーションのローンについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか?
ローンの詳しい条件や審査基準、融資までの流れについては、ローンをお願いしたい金融機関に尋ねれば教えてもらえるはずなので興味がある方は問い合わせてみてください。
古民家リノベーションを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

自然素材の家づくりの流れについて島田市の注文住宅業者がご紹介します!

「自然素材で家を建ててみたい。」
このようにお考えの方はみなさまの中にいらっしゃいませんか?
自然素材で家を建てることで、人工素材にはない独自の雰囲気をもった家を建てることができます。
今回は、自然素材で家づくりをする流れをご紹介します。

□家づくりの流れ
家づくりの流れは、以下の通りになります。
*資金プランニング、平面図作成
*プランの見積もり
*住宅契約
*詳細な打ち合わせ
*着工、検査
*引き渡し
*アフターサービス
この流れにしたがって、自然素材での家づくりが行われます。

□自然素材で家を建てるには?
自然素材で家を建てたい場合、まずはどんな家を建てるかのイメージを固める必要があります。
耐震性に優れた家や耐火性に優れた家、などのように機能性を重視する方もいらっしゃるでしょう。
または、自然の風が通りやすい家や環境に優しい家、などのように雰囲気を重視する方もいらっしゃるかもしれません。
当社は、ご相談の段階でお客様のイメージにそった具体的なプランを提示させていただきます。
では、どのような具体的なプランがあるかを次にご紹介します。

*自然素材でできた家の施行事例
ここでは、当社の施行事例をいくつかお話しします。
島田市のTさまの住宅は、「趣味の茶道を家でもしたい」というTさまのご希望にそって、一階の和室部分に床の間の形の一つである織部床(おりべどこ)を採用しました。
自宅の中で茶道ができる、そんな住宅が完成いたしました。
また、藤枝市のMさまの住宅については、床材を穏やかな色合いのケンバスの床材で仕上げ、ダイニングをヘリンボーン仕上げにしました。
また、住宅の家事動線を事前にご提示させていただいたプラン通りに施工しました。
このように、当社はお客様の希望を最大限実現できるように施工いたします。

□まとめ
以上、自然素材で家づくりをする流れをご紹介しました。
当社は、家づくりにあたっての重要なポイントとして第三者機関による厳しい検査を受けて、工事をさせていただいております。
ご家族の笑顔を守る、ご家族の仲が良くなる、そんな住宅づくりを目指しております。
また、資金セミナーも開催しており、ローンや資金計画に関して気になること、分からないことをお客様が納得するまで説明させていただきます。
質問の受付はそういったセミナーの他、電話やメールはもちろん、ライン@上でも質問を受け付けております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

島田市の業者が解説!注文住宅に使われている自然素材の種類は?

みなさんの中に注文住宅の購入を検討している方はいらっしゃいませんか?
建売住宅と違って注文住宅では、内装や間取りなどを自分の希望通りにできるので、自由度が高く自分の希望を叶えた理想の住宅を作ることができます。
コンクリートだらけの都会に嫌気がさしているから自分の家ぐらいは自然を感じられるようにしたい、という方は少なくなく、注文住宅に自然素材を取り入れる方は多いです。
そこで今回は、注文住宅で使われる自然素材の種類をご紹介します。

□注文住宅の自然素材
*天然木材
天然木材は、合板材のように接着剤で他の木材と張り合わせていないため、木材のつなぎ目がなくて見た目がとても美しいです。
また、水分を吸収したり放出したりして湿度を調節する機能を持っているので湿気の多い日本の気候でも快適に過ごすことができます。
さらに先ほど説明したように接着剤等の化学物質を用いていないので、人体への悪影響がなくお子さんがいる家庭でも安心です。

*漆喰(しっくい)
自然素材といえば天然木材に並んでよく名前が挙がるのがこの漆喰です。
漆喰はよく壁材として使われており、石灰に麻や砂などの繊維質を混ぜて、水で練り上げて作られています。
石炭が二酸化炭素と反応することで硬くなるため、この漆喰は非常に丈夫な構造です。
また、漆喰はその丈夫さに加えて、防火性、防カビ性にも優れています。

*セルロースファイバー
セルロースファイバーは木質繊維のことで、高い耐熱性能や防音性能を持っています。
いくつもの繊維が集まってできているのですが、それぞれの繊維の太さが異なっており、様々な太さの繊維が絡み合って空気の層を作っています。
木材独特の吸湿性能だけでなく、室内と室外の熱を遮断することで高い耐熱効果を発揮するので健康住宅にはうってつけです。

*珪藻土(けいそうど)
珪藻土は、藻類のひとつである珪藻が堆積してできた岩石です。
防カビ性能や耐熱性能が期待されるため、壁材として最近人気を集めています。

□まとめ
この記事では注文住宅でよく用いられる自然素材を紹介しました。
有名な素材をご紹介したので、名前についてはご存知だったかもしれませんが、それぞれの特徴やメリットについてもご理解いただけたのではないでしょうか?
住宅に自然素材を多く取り入れることで、健康に良いだけでなく自然の温かみを感じられる住宅になります。
注文住宅に自然素材を取り入れようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

古民家リノベーションの魅力を事例とともに島田市の業者がご紹介!

「次に住む家は、オリジナリティあふれる家にしたい。」
「ただ所有しているだけの古民家に課税され続けるのを避けたい。」
このように悩んでいる方は、多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、古民家リノベーションです。
今回は、古民家リノベーションの魅力について、その事例とともにご紹介します。

□事例1:3世代が過ごしやすいリノベーション
リノベーションして実際に居住する際には、過ごしやすさを考慮しなくてはなりません。
特に、3世代で一緒に居住する場合は、家族全員が過ごしやすいよう、より一層の工夫が必要になります。

例えば、3世代みんなが一緒の時間を過ごせるよう、大広間にあった仕切りをなくして広々としたリビングをつくることです。
このような広々としたスペースを作り出せるのは、古民家ならではと言えるでしょう。

土間を活かした広い玄関スペースについても、大人数で使用する際に便利なのはもちろん、車椅子やベビーカーを使用する際にも非常に使い勝手が良いです。
また、古民家は自然素材を使用して建てられているため、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎の原因となる化学物質が含まれていないことも魅力の一つです。

□事例2:梁や柱を最大限活かしたリノベーション
古民家の最も魅力的なポイントの一つとも言えるのが、古民家だからこそ醸し出せる昔ながらの雰囲気ではないでしょうか。

古民家リノベーションをするからには、その雰囲気をできる限り残したいものです。
そこで、古民家の中でもとりわけ目を引く梁や柱を最大限活かすようにリノベーションをすると良いでしょう。
昔ながらの雰囲気を残しつつ、日々の生活のしやすさを追求する一つの有効な手法となります。

□古民家リノベーションの魅力
上記では、2つの事例から古民家リノベーションの魅力をお伝えしましたが、これら以外にも古民家リノベーションの魅力はいくつもあります。

・新築の家を建てるよりも固定資産税を軽減できること
・資源を無駄にしないため、環境に優しいこと

このように、古民家リノベーションはデザイン性の面だけでなく、経済面、環境面から多くのメリットがあります。

□最後に
以上、古民家リノベーションの魅力を、事例とともにご紹介しました。
古民家は多くの魅力を持っているものの、利便性や耐震性などの問題から、そのまま住むというわけにはいきません。
古民家リノベーションをすることで、その魅力を保持しつつ、快適な生活を送れます。
古民家リノベーションをしてみたいと考えておられる方は、ぜひ一度、片川工務店にご相談ください。

自然素材の注文住宅を島田市で建てたい方へ|業者の選び方をご紹介

新しい家に住もうと考えている方の中には、注文住宅を検討している方は多いのではないでしょうか。
特に、自然素材を使用した家にしたいなど、こだわりの強い方ならなおさら注文住宅を建てたいと考えておられるでしょう。

そこで、注文住宅を建てる際に、まずしなくてはならないのが、業者選びです。
今回は、注文住宅の業者選びの際のポイントを、いくつかご紹介します。

□こちらの要望を聞いてくれるか?
注文住宅を建設するメリットは、自分好みの外観や間取りを実現できることです。
しかし、業者がこちらの要望や相談を聞いてくれず、ただひたすら業者の勧める通りに建設するのでは、注文住宅にする意味が薄れてしまいます。

契約する前に、業者に見積もり依頼をする段階で、担当者がこちら側の話を真剣に聞いてくれるかをチェックしましょう。

□大手か、地域密着型か?
業者は大きく、大手と地域密着型に分けられます。
もちろん、それぞれ一長一短あります。
大手は、名が知れているため、安心感があります。
しかし、それだけ広告費にお金をかけていることも多く、その費用を負担するのは、家を建てるみなさんです。

一方で、地域密着型の業者は、何か問題が発生した時にフレキシブルに対応してくれたり、その地域の風土や気候に合った家を理解していたりといった長所があります。
しかし、規模が小さいため、業者がつぶれてしまったとき、アフターサービスが受けられなくなるかもしれません。
地域密着型の業者を考えるときは、安定した経営であるか、確認することが重要です。

□その業者の得意分野は何か?
注文住宅を建設する方は、「からだにやさしい自然素材を使用したい。」、「外観にこだわった家を建てたい。」など、なにか強いこだわりがあるでしょう。

一方、業者にもそれぞれ得意分野があります。
業者の得意分野は、施工実績や口コミなどから分かります。
業者を選ぶ際には、その得意分野をチェックし、自分のこだわりを実現するのに適した業者かどうかを見極めなくてはなりません。

□ポイントを把握したら、複数の業者に見積もり依頼!
上記のポイントを把握したら、早速業者選びに取り掛かりますが、その際、必ず複数の業者に見積もり依頼をしましょう。

ただ見積もりが安い業者を選ばないよう注意してください。
その見積もりは無理がないか、それについて業者は詳細に説明してくれたかなど、様々な観点から判断して、最終的に依頼する業者を選びましょう。

□最後に
以上、注文住宅の業者選びのポイントをいくつかご紹介しました。
多くの場合、選んだ業者との関係は、計画、建設が完了した後も長く続くものです。
強いこだわりがあって注文住宅を建てる方にとっては特に、業者選びで成功することは、満足のいく注文住宅の建設をするために欠かせません。
業者選びを慎重に行い、ご自分の理想の家を実現しましょう。

自然素材の注文住宅のメンテナンス方法とは?島田市の業者がご紹介

「自然素材の家って、どうやってメンテナンスするんだろう。」
「自然素材の家のメンテナンスは大変そう。」
自然素材の注文住宅を建てようか迷っている方の多くは、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

実は、正しくメンテナンスをすることで、こだわりの住宅をより長持ちさせられます。
そこで今回は、自然素材の建材のメンテナンス方法を分かりやすくご紹介します。

□そもそもなぜ自然素材が人気なのか?
「自然素材はメンテナンスが大変そう。」と思っている方が多いにもかかわらず、なぜ多くの人に自然素材は選ばれるのでしょうか。
それは、自然素材を使用することには、それだけ多くのメリットがあるためです。

・シックハウス症候群やアトピーの原因となる化学物質が含まれていないこと
・自然素材特有のやさしい雰囲気を醸し出せること

これら以外にも、多くのメリットから、自然素材が選ばれているのです。

□意外に簡単、自然素材のメンテナンス
自然素材は、意外に手軽に、かつ費用をかけずにメンテナンスできるのです。
以下に、自然素材に傷や汚れがついた場合のメンテナンスについて、材質ごとにご紹介します。

*天然木材のメンテナンス
自然素材と言えば、天然木材を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
小さな傷や汚れがついた場合は、天然木材の表面をサンドペーパー等で削ることで取れます。
天然木材は、削っても同じ木目が出てきます。
この時、削った部分の白っぽさが気になる方は、ワックスを塗ることで周囲に馴染ませると良いでしょう。

傷が大きな場合やへこんでしまった場合は、まず、水を含ませたティッシュや布を傷の部分にあて木材を湿らせます。
その部分にアイロンをあてて熱すると、木材が膨張するため、傷が修復します。
その後、サンドペーパー等で整えれば元通りです。

*塗り壁材のメンテナンス
傷がついた場合は、傷がついた部分だけ塗りましするだけで修復できます。
多少の汚れは、消しゴムで擦ることで意外に簡単に落とせます。
それでも汚れが落ちない場合は、メラニンスポンジを使うとより綺麗に汚れを落とせます。

□最後に
以上、自然素材の建材のメンテナンス方法を簡単にご紹介しました。
自然素材の住宅を考えている方にとって恐らく一番の懸念事項であるメンテナンスは、意外に簡単にできるのです。
新しく家を建てようと考えている方は、自然素材を建材に選んでみてはいかがでしょうか。
その際にはぜひ、片川工務店までお気軽にご相談ください。